岐阜市柳津の浮気調査専門「SPY探偵事務所」は、1日だけの調査から裁判に勝つ為の証拠、慰謝料請求・公正証書・作成等(法務事務所併設)まで、すべて安心価格でご提供させて頂いております。秘密厳守にて親切丁寧に対応します。

トップ > 浮気調査の基本と常識・非常識

浮気調査の基本と常識・非常識

浮気調査とは

 浮気調査とは、浮気(不貞行為)を立証するために行う調査の総称で、主に、「行動調査」によって調査を行います。

 尚、浮気調査において、原則、聞き込み調査は行いません。なぜなら、調査対象者やその浮気相手に調査をしていることが伝わってしまう可能性があるからです。

 また、行動調査では、尾行、張込み等により、調査対象者の行動を監視したり、相手方住所などを調べ、写真付きの報告書にして報告します。

 行動調査は尾行や張り込みですから、調査対象者が、全く警戒していない場合と極度に警戒している場合では、難易度が天と地ほど違います。

 したがって、浮気調査を行うには、問い詰める、探りを入れる、自分達で調査(行動調査、聞き込み)まがいのこと等をする前に、調査対象者を警戒させない状態で行うのが理想です。

 当然ですが、調査対象者を警戒させてしまうと、調査対象者は色んな対策を講じてきます。嘘をついたりして密会する日を特定しにくくする、浮気の(密会した)痕跡を消す、絶えず後ろを気にする、などの対策です。

 ですから、浮気の証拠を早く、安く撮りたければ、調査をする前に調査対象者を警戒させてしまうことの無い様にすることが重要なのです。

 

 

浮気の証拠とは

 浮気は法律用語では、不貞行為(浮気は実際にはもっと広い意味)と言います。

 不貞行為とは、「配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と、その自由の意思をもって性的行為を行うこと」です。

 つまり、浮気の証拠とは、浮気夫(妻)が、異性と性的関係をもったことを証明すできる証拠です。

 その代表例が、ラブホテルに滞在した(出入りなど)証拠です。

 もちろん、性行的行為を行っている場面そのもの証拠が撮れれば理想ですが、ほとんどのケースで、それを撮るのは、物理的に不可能です。

 ですから、浮気調査(行動調査)では、前後の状況等から推し量って客観的に不貞行為があったことを証明できる(推認できる)証拠を収集します。

 その代表例が、ラブホテル滞在というわけで、ラブホテルに異性と滞在した証拠を押さえれば、言い逃れは、まず不可能です。

 ラブホテル以外にも、相手方の家に宿泊した、暗くて人気(ひとけ)のないところにクルマを止めて、2人で車中に滞在していたなどの証拠は、良い証拠になり得ます。

 また、これらと併せて、キスをする、手を繋ぐ、腕を組むなど、親密な関係をしょうめいでsきる証拠をおさえることがれば、より良い証拠になると言えます。

 

 

浮気の証拠は1回ではダメ?

 浮気の証拠は、複数回撮るのが基本と言われています。では、なぜ1回ではなく複数回の証拠を撮るのが良いのでしょうか?

 理由は以下の3つです。

 

①1回だけだと慰謝料が安い

1回でも不貞行為に違いは無いですが、裁判になったときに、1回だけの不貞行為だと慰謝料が極端に安くなってしまいます。(~20万円程度のことも)

 

②1回だけの不貞行為では離婚が認められない

1回限りの不貞行為で離婚を認めた裁判例は無く、不貞行為を理由に離婚したい場合は、ある程度、継続的に不貞行為が行われていたということを証明しなければなりません。

従って、複数回の証拠が必要なのです。

 

③証拠はそもそも言い逃れを許さないために撮るもの

 証拠の回数が多い方が言い逃れがしにくくなります。

 中には、急に体調が悪くなってやむを得ずホテル等に入ったと馬鹿げた言い訳をするケースもありますが、何回もそんな偶然は続きませんからね。もっともラブホテルの場合はそんな言い訳が通用するとは思えませんが・・・。

 

  上に挙げたのは裁判上でのことなので、話し合い(示談や離婚協議)で相手が認めてくれれば、不要です。

 しかし、話し合い等をアクションを起こしてから不貞行為の証拠を後から撮るのは困難ですので、アクションを起こす前に複数回の証拠を準備しておく必要があるのです。

 

 では、何回の証拠を押さえておけばよいのでしょうか?

 1回よりも2回、2回よりも3回のほうが良いと言えます。ただ、5回も6回も必要かと言われればそんなには要らないです。

 3回あれば十分だと思います。

 

 尚、探偵が撮ったものだけが証拠ではありませんので、不貞行為があったことや親密な関係の伺えるLINEやメールのやりとり等と合わせれば、仮に探偵社の証拠が1回だけでも、継続性を証明したり、言い逃れを許さない様にすることが出来ると言えます。

 

浮気を疑っていることを悟られてはいけない!

 証拠をおさえたいなら、あなたが浮気を疑っていることを浮気夫(妻)に悟られてはいけません。

 なぜなら、浮気夫(妻)が、あなたが浮気を疑っていることに気付くと、今まで無防備だったとしても浮気夫(妻)でも、何らかの対策をしてしまい証拠が押さえにくくなってしまうからです。

 もともと、慎重で、ある程度の対策をしている浮気夫(妻)の場合は、更にやりにくくなってしまうます。

例えば

・密会の日時が特定されない様に工夫されて、調査の日時が絞りにくくなる。

・スマートフォンや携帯電話のPASSを変えたり、やり取りを削除したりする様になり、情報が得られなくなる。

・カバンや持ち物などに証拠や情報を残さない様にされて、証拠や情報が得られなくなる。

・絶えず後ろを気にするようになったりして、浮気調査(行動調査)がしにくくなる。

・しばらく、会わないなどの対策をされると、調査をしても証拠が撮れなくなる。

その他色々です。

 

では、どのようにしたら、悟られないのでしょうか?

 

①問い詰めるのは論外だが、探りを入れるのもいけない

 いくら浮気を確信しても問い詰めてはいけません。

 仮に、問い詰めたところで、白状することは滅多にありませんので、絶対に問い詰めない様にしましょう。

 また、カマをかけたりして探りを入れるのも、自分では上手に悟られない様にやっているつもりでも、やましいことをしている浮気夫(妻)は、日ごろからあなたの言動には注意を払っていますから、探りを入れられていることに、すぐに気付いてしまいます。

 

②気づいていないふりでポーカーフェイスを貫く

 配偶者の浮気を知ってしまったあなたは、つらくてたまらない気持ちになり、心が病んでしまうかも知れません。しかし、早く証拠を押さえたいなら、グッとこらえて気付いていないふりをするが必要です。  

 病んでいることを態度や表情に出すのも良くありません。

 あなたが病んでいることを態度や表情に出すことにより、やましいことがある浮気夫(妻)は、自分の浮気が原因であること、容易に感じとるからです。

 尚、浮気夫(妻)は、あなたが病んでいたり落ち込んでいるのを見て、警戒したり、鬱陶しいともうことはあっても、同情して浮気をやめることはまずありあせん。

 余談になるかも知れませんが、病んでいることが、傍から見ても分かる様な方は、意識してなのか無意識のうちになのかは分かりませんが、ネチネチ、チクチクやってしまう傾向があるので、注意して下さい。

 ですから、浮気に気付いても、何事もなかったかの様にポーカーフェイスを貫くことが必要です。

 

③自分(友人知人等含む)達で調査をするのはもっての外

 お客様が、自分達で調査をされた案件は、調査対象者が警戒していることが多く非常にやりにくくなっています。お客様は、「大丈夫」とおっしゃいますが、大丈夫じゃないことの方が多いです。

 素人の方が調査をしても、たいていはうまくいかず、対象者を警戒させてしまうだけです。

 何ら有用性のある証拠が得られず、警戒だけさせてしまったら最悪です。

 そのような案件は、我々プロでも証拠を撮るのは容易ではありません。

詳しくはこちらをご覧ください>>>浮気調査を自分達でやるのはやめましょう 

 

 

 行動調査の性質を理解して調査をすすめよう

1.行動調査で収集可能な証拠や情報

 行動調査は、尾行や張り込みによって、調査対象者の行動を探る調査です。

 従って、調査対象者を尾行したり、張り込みを行ったりして収集できる証拠はすべて、行動調査で収集可能となり得ます。

 浮気調査におけるその代表例には、ラブホテル・相手方宅・車内などでの異性との滞在、調査対象者の行先・滞在先・別居先などの住所、相手方の住所・勤務先などがあります。

 反対に、行動調査では判明しない情報もあります。

 例えば、相手方の氏名です。運良く表札が出ているなど、行動調査の過程でで判明する場合もありますが、通常、調査対象者や相手方の行動からはは氏名を知ることは出来ません。

 その場合は、別の調査(方法)で調査することが可能ですのでご安心ください。

 

2.調査対象者の行動によって収集できる証拠や情報が大きく異なる

 行動調査は、その性質上、調査対象者の行動や状況によって収集できる証拠や情報が大きく異なります。

 例えば、調査対象者はラブホテルに行けば、不貞行為の証拠から、相手方が誰であるか、どこい住んでいるかまで、スカッと1回(稼動)で全て完璧にできてしまうことがあります。

 反対に調査対象者が異性と接触しなければ、有用性のある証拠や情報は得られません。

 尚、案件(状況)によっては、1回で完璧な証拠をとることが物理的に困難な状況もあり、その場合は、何回かに分けて調査を行い、段階を踏んで証拠や情報を押さえていく必要が生じることがあります。

 例えば、浮気夫(妻)が家を出て行ってしまっていて、別居先が分からない様なケースでは、別居先を見つけることから始めなければならないことがあります。

 実際の例では、調査初日、勤務先から尾行して別居先が判明しましたが、その日は異性との接触が無く、別居先住所の判明にとどまりました。

 しかし、後日の調査で、浮気夫の別居先に毎週末、女性が宿泊していることが分かり、不貞行為の証拠が撮れました。

 こういったケース以外にも、調査対象者が警戒している場合には、あえて何度かに分けて徐々に証拠や情報を押さえていくといったことをすることがあります。  

 ノウハウや企業秘密に関わることなので、ここでは具体的な方法については申し上げられませんが、調査対象者に調査の事実が発覚して行動調査をすることが出来なくならない様、必要以上の危険を冒さず、段階を踏んで証拠を押さえていくのです。

 ちなみに、お客様が自分達で調査をして失敗する大きな要因の1は、これをせず無理をして1回で終わらせようとしてしまうことです。

 ノウハウや技術のある我々でも、慎重に段階を踏むのですから・・・。

 この様に、行動調査は、その特性上、状況によって1回で得られる証拠や情報が、全く異なり、また1回で終わらせるのは無謀なケースがます。

 余談になるかも知れませんが、行動調査を行ううえで、調査の前に調査対象者を警戒させてしまう様な言動をすることは、自ら悪い状況を作り出す、非常に愚かでもったいない行為だと言えます。

 

3.初めは苦戦しても、途中からは急展開する

 案件によって、情報量や状況は様々で、難易度が天と地ほど違うこともあります。

 最低限の日数(稼動)で、完璧な証拠が撮れてしまうこともあれば、最初からそれが困難な状況の案件もあります。

 とくに情報がほとんど無いなど、条件の悪い案件の場合、調査序盤はで証拠を撮ることが、困難で、必要な情報を収集しなければならない(尻尾をつかまなければならない)というケースがあります。

 しかし、そういった案件でも、一旦、必要な情報が得られたり、尻尾を掴んでしまうと、急展開し、そこから先は瞬く間に証拠が撮れてしまうのです。

 例えば、実際にあった例です。(※1)

 浮気夫が出て行ってしまい、別居先はもちろん、仕事も辞めてしまい勤務先も分からない状態で、実家にもいない、唯一分かっている立ち寄り先は、夫が週に1回通う病院でした。  

 しかし、通う曜日はまちまちで、最初の3日間は空振り、4日目にようやく現れ、尾行すると、ある女性の家に入っていきました。

 ここまでは、大変でしたが、その後は、女性の家に転がり込んで一緒に住んでいるという証拠が、すんなり証拠が撮れて無事に終了でした。

 もう1つの例は、お客様が自分達で尾行をして失敗して、極度に警戒している案件です。(※2)

 浮気妻は、ある駅から電車に乗り、降りた駅からは徒歩で浮気相手の家に行っているというケースでした。

 この案件、浮気妻の警戒が半端ではなく、耐えず後ろを気にしていて、まともに尾行ができませんでした。

 具体的な方法はノウハウや企業秘密のかかわるので、ここでは申し上げられませんが、何回かに分けて相手方居所をつきとめることにしました。結果、3日間(稼動)で、相手方居所をつきとめることができました。

 ここからは、早かったです。

 居所はアパートで、横には大きな商業施設駐車場があり夜中もクルマ止め放題、しかもそこは、居相手方居所の玄関が丸見えという最高のローケーションでしたので、すんなり証拠を押さえることができました。

 この様に、最初は大変だけど、必要な情報を得てしまえば(尻尾を掴んでしまえば)後は簡単というケースは多いと言えます

 しかし、そういったケースでは、序盤の何稼動かは、必要な情報を得るための調査になり証拠はとれませんので、最初のうちは、とても不安になることがありあすが、必要な情報が得られれば、あとは早いので、焦らず騒がずお任せいただくことが大切です。

 

浮気調査の予算は少し余裕をもって

 浮気調査の予算にはある程度余裕をもっておきましょう。

 理由は以下の通りです。

 浮気調査は、調査対象者の行動や状況等によって収集できる証拠や情報が大きく異なりますから、我々プロでも100%予想通りにすすむとは限りません。

 あっさり終わりそうな調査でも実際にやってみたら状況が悪く長引いたりすることもあれば、その反対に、苦戦しそうな調査でもあっさり予定より早く証拠が撮れることもあります。

 また(上の※1、※2)の様に、調査序盤はで証拠を撮ることが、困難で、必要な情報を収集しなければならない。

 そして、多くの場合、前半は苦戦しても、必要な情報が収集できていれば(尻尾をつかめば)後は簡単なのです。

 しかし、せっかく尻尾を掴んで(掴む目前などでも)、あとは比較的容易なのに、そこで資金が尽きてしまっては勿体ないと言えます。

 そこで、浮気調査を依頼する場合、ある程度、予算には余裕をもっておくことをおすすめします。

 3,000円分のガソリンでギリギリ行ける距離の場所に、3,000円分だけガソリンを入れたクルマで(予算3,000円)で向かうでしょうか? 普通は、せめて4,000円か5,000円分くらいは入れておきます。

 渋滞して燃費が悪くなったり、通行止めで遠回りをすることだってあります。

 浮気調査が、目的地直前でガス欠になってしまったら大変なのです。

 

 我々もなるべく安く済むようにご提案差し上げてはいますが、浮気調査は100%思った通りにいく、というわけにはいきません。 

 ご予算にはある程度余裕をもっておくことが必要だと言えます。

 

同居中の調査と別居中の調査はどちらが有利!?

 お客様と同居中の対象者と別居の対象者では、同居の方が有利で、別居のほうが不利なことが多い言えます。

主な理由は以下の通りです。

 

①同居より別居の方が調査の時間が長くなることが多い

例えば、少なくとも、浮気夫が、平日は仕事から22時までには帰ってきて以降は家にいる、土日祝はお客様と一緒にいる、仕事が18時に終わっているはずなら、平日の18時~22時くらいだけ調査をすればよいことになります。

 ところが、別居の場合はそうはいきません。

 また、 浮気夫が別居先(別居先をこちらが知らないと思っている場合)に連れ込んで、あるいは、浮気相手の女性の家(一人暮らしの場合など)に転がり込んで、朝まで一緒にいたり、同性状態であることが多々あり、調査の時間が長くなることがあります。

 ただ、2,3時間一緒にいただけより、朝まで一緒にいてくれたほうが(宿泊のほうが)証拠としてはより強いものになりますが・・・。

 同じような理由で、時間から時間のサラリーマンの調査より、いつどこで何をしているか分からない自営業者の調査の方が不利と言えます。

 

②同居だと調査が不要な日を予めある程度省けるが、別居だとそうはいかないことがある

 例えば、同居の場合、土日祝はお客様が対象者と一緒にいるなど、調査が不要な日を予め省くことができますが、別居の場合は、省くことが出来ませんので、空振りを覚悟で調査をする必要があるかもしれません。しかし、いつ密会しているか分からなければ、土日祝も外せません。

 行動調査において一番避けたい(勿体ない)のは、空振りです。

※空振:行動調査をした日に対象者が異性と接触しない(不貞行為をしない)こと。

 しかし、いつ密会しているか分からない以上、ある程度は空振りを覚悟して調査を入れる必要があります。

 ですから、空振りを引く確率が、同居の場合より、別居のほうが高いくなるケースが多いのです。 

 

③別居先が分からない場合は、先に別居先をつきとめなければならないことがある

 例えば、浮気夫(妻)が家を出て行ってしまっていて、別居先が分からない場合、先に、別居先を見つけることから始めなければならないことがあります。

 勤務先から尾行して別居先が判明しても、その日に(稼動で)異性との接触が無ければ、不貞行為の証拠は撮れません。

 この場合、別居先判明までの調査が、同居の場合より余分に必要になったということになります。

 

④同居のほうが別居よりも情報や証拠が得られる

 同居の場合は、調査対象者のスマートフォン、カバン、その他の持ち物をチェック出来たり、他にも色んな情報や証拠を収集できる場合があります。

 内容の濃い情報が得られれば、空振りを減らせる、調査の場所を限定することが出来るなど、調査がやりやすくなります。

 中には、とても良い証拠が得られて、調査は最低限たりないところを補うだけというケースもあります。

 しかし、別居の場合は、情報や証拠をを入手する手段が無く(に乏しく)そういったことはできません。

 

 以上の理由から、もしも、まだ同居をしていて、調査をするか否か迷っているなら、早めに(別居に至る前)に調査をしたほうが良いと言えます。

 

 

 尚、弊社では、別居の場合など、上記の様なケースでも料金を抑えられるような調査方法をご提案させて頂いております。

 

 

 

調査対象者が顔を隠していたらどうするの?

浮気調査においては、ラブホテルに行くなどの行動をしたのが誰なのか分からない様では、証拠として意味をなしません。

しかし、顔を隠されていても十分証拠になる方法があります。

実は、浮気調査において、調査対象者が、意図的に顔を隠しているケースは実際にちょくちょくあります。

また、そうでなくても浮気調査(行動調査)において、必ず容姿(顔)を鮮明に撮影できるチャンスが必ず訪れるとは限りません。

どんな、優秀な探偵(調査員)でも、顔を隠されたり、容姿(顔)を撮影できる場面がなければ、容姿(顔)を鮮明に撮影することは不可能なのです。

そこで、我々プロの探偵(調査員)は、容姿(顔など)を鮮明に撮影することを心がけるだけでなく、全体の流れでも、人物の特定ができる様、常に意識して調査をすすめています。

例えば、浮気調査において、帽子、マスク、サングラスなどで顔を隠していて容姿(顔など)がしっかり撮れるチャンスが無くても、その人物がマイカーに乗車するところや自宅に入るところなども併せて撮影すれば、人物の特定が可能となります。

調査対象者が、俺(私)じゃないと言い張ったところで、ナンバーの写っているクルマに乗車したり、家に入ったりしたところまで証拠があれば、そっくりさんという言い訳は通りません。

余談になるかも知れませんが、ラブホテルでは顔を隠していても、その前後のデートや食事、離別時などにチャンスが訪れることも多々ありますので、それらのチャンスも逃しません。

もちろん、浮気夫(妻)に対してだけでなく、相手方異性に関してもその人物であるという特定ができる様に調査をすすめていきます。

 

 

浮気(不貞行為の証拠)で実現が可能なこと

浮気調査で不貞行為の証拠を押さえることによって、法的には、以下の3つの事項が実現可能です。

※不貞行為:配偶者のあるものが、その自由の意思をもって、配偶者以外の異性と性的行為を行うこと。以下「浮気」と表現している箇所もありますが、前後の内容から読み取って下さい。

 

①慰謝料請求ができる

「不貞行為」は民法という法律の「不法行為(第709条)」にあたり、加害者(浮気をした配偶者やその浮気相手)は被害者に対して、損害賠償の責を負います。

この法律があるから慰謝料を請求できるわけです。実は、加害者が、不貞行為の事実を素直に認めて、慰謝料を支払ってくれれば、証拠は要りません。

しかし、加害者が不貞行為の事実を認めなかった場合や、慰謝料の支払いを拒否した場合などに、慰謝料請求を強制的に実現する方法は、不法行為(民法第709条)基づく損害賠償請求事件として訴訟を提起(裁判を)しかありません。

裁判には、訴える側(慰謝料を請求する側)が、「不貞行為の事実」を証明しなければならない(証明責任)というルールがあり、反対に、訴えられる側(請求された側)は、不貞行為が無かったことを証明する必要はありません。

最近は、インターネットなどから、色んな情報が得られ、加害者側もくだらない悪知恵を付けていて、簡単には不貞行為の事実を認めない(示談には応じない)傾向にあります。

そして、相手が認めなかった場合、証拠が無いと、唯一強制的に慰謝料請求を実現する手段である訴訟(裁判)をすることができず、泣き寝入りすることになり兼ねないのでです。

しかし、証拠があれば、相手が泣こうがわめこうが、訴訟(裁判)という手段によって、慰謝料請求が実現できるわけです。

余談になるかも知れませんが、確たる証拠があれば、示談で決着がつく確率は大幅に上がります。

 

②離婚することができる

皆さんもご存じだとは思いますが、夫婦の話し合いで、夫婦の双方が合意して離婚届を提出すれば、離婚(協議離婚)が成立します。 

※協議離婚:夫婦間の話し合いによって成立する離婚。

しかし、夫婦の一方が離婚に応じない場合は、離婚(協議離婚)は成立しません。

例えば、「不貞行為をされた側である妻」が離婚を望んでも、「不貞行為をした夫」が離婚に応じなければ、離婚(協議離婚)は成立しないということです。

この場合、妻が、どうしても離婚したいなら、最終的には、民法という法律(裁判上の離婚・第770条1項)に基づいて、裁判上で、離婚を求めることになります。

※ただし、離婚裁判は、離婚調停をした後にしかできません。(調停前置主義)

 

民法第770条1項では、「夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。」としています。


一 配偶者に不貞な行為があったとき
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

 

つまり、配偶者の一方に上記の何れかの要因(法定離婚原因)があれば、他方は訴訟(裁判)で離婚を求めることが出来るのです。

 

ただし、この場合も、「①慰謝料請求」の場合と同じで、証明責任は訴える側にありますから、不貞行為の証拠を押さえておかなければ、訴訟(裁判)で離婚を実現をすることはできません。

 

しかし、しっかり証拠を押さえておけば、不貞行為をした夫が、頑なに離婚に応じなくても、妻は訴訟(裁判)によって、離婚を実現できるのです。

 

尚、1回だけの不貞行為で離婚を認めた裁判例は無く、継続的に不貞行為が行われていたことが「不貞行為を理由に離婚をするための用件」となりますので、複数回の証拠を押さえておくなど、継続的に不貞行為が行われていたことを証明する必要がありあす。

 

 

③離婚を回避することができる

皆さんは「有責配偶者から無責配偶者に対する離婚請求は原則認められない」というような言葉を聞かれたことはないでしょうか?

簡単に言うと、「不貞行為をした側」から「していない側」に対して、離婚の裁判を起こしたとしても、裁判所は、原則離婚を認めないということです。

※既に事実上婚姻関係が破綻している場合など、一部特殊なケースを除く。

例えば、良くあるのが、浮気夫が、浮気相手の異性に本気になってしまい、妻に対して「離婚してくれ」と言ってくる様なケースです。

この場合、妻が離婚(協議離婚)に応じないと、どうしても離婚したい夫は、最終的には妻に対して、裁判上で離婚を求めてきます。

 

②でも書いたように、離婚裁判をするには、民法(第701条1項)に定める法定離婚原因が必要ですから、浮気夫は、性格の不一致、あるいは、性の不一致(何れも「五その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」にあたる)を理由に、離婚裁判を起こしてくるというわけです。

当然ですが、浮気夫が離婚したい本当の理由は「女」ですから、裁判での浮気夫の主張は、言いがかりレベル、やぶれかぶれでなりふり構わず、あること無いことでっち上げて、無茶苦茶な主張をしてくる傾向にあります。ですから、血みどろの争いになるのは必至です。

 

しかし、妻側が、浮気夫が不貞行為を行っていた確たる証拠を握っていれば、裁判所は、夫の言うことに「理由はない」(嘘やんか)と判断して「棄却」(離婚を認めない)という判決を出すことになるのです。

この様に浮気調査で証拠を押さえることによって、離婚を回避することも可能なのです。

ただし、残念ですが、浮気調査や法律でできるのはここまで、その後の夫婦円満については、ご自身の努力が必要であることは、忘れないで下さい。

 

探偵の無料相談では何を話せばいいの?

お客様にとっても弊社にとっても、無料相談は、最適なご提案や調査の作戦立案のための、とても重要なミッションです。

中には、無料相談と称した単なる営業になっていなってしまっている業者もありますが・・・。

無料相談では、調査のご提案(作戦・立案など)を可能にすりために必要な情報をしっかり伝えて下さい。

 

相談者様(浮気調査の相談)の中には、過去の経緯やつらい気持ちを延々とお話される方がいらっっしゃいます。実はこれらのお話は、より良いご提案(作戦・立案など)をするという観点から見ると、ほとんど役に立ちません。

 

当然ですが、探偵社に相談に来られる方は、浮気調査で証拠を撮ることによって、慰謝料請求や離婚、あるいは、夫(妻)と浮気相手との接触を断ち離婚を回避すること等の目的を実現して、早く楽になりたいと考えておられるのであって、過去の経緯やつらいお気持ちを吐き出すのが、最終的な目的ではないと思います。

 

余談になるかも知れませんが、過去の経緯やつらいお気持ちを聞いてもらうことによって楽になりたいという目的もあるなら、カウンセラーさんに相談して、同時にカウンセリングを受けられるのが良いかも知れません。

 

もちろん、お気持ちは分かりますので、ある程度はそういったお話も伺う様にしています。

 

また、リラックスしてご相談して頂ける様に配慮もしています。

 

しかし、お客様担当(面談やお客様とのやり取りをする係。以下「担当者」と言う)は、何件もの案件をかかえており、特に、弊社の様に、適正価格で質の高い調査を提供している探偵社の担当者は、ほとんど休みなく働いていても、どうしても1人のお客様との無料相談にかけられる時間には限りがあるます。

 

担当者は、その限られた時間の中で、お客様とのお話(ヒアリング)によって、お客様の目的が実現できる様、個別に最適なご提案(作戦・立案など)をさせて頂かなければなりません。

 

そのためには、相談者様から、調査に必要な情報を的確にたくさん教えて頂く必要があるのです。

 

ですから、無料相談の際には、相談者様も極力、調査のご提案(作戦・立案など)に必要な情報を伝えたり、その相談をしたりすることに、注力して頂きたいのです。

 

尚、ご提案(作戦・立案など)に必要な情報というと、難しく聞こえるかもしれませんが、お客様担当が、世間話でもしているかのように肩の力を抜いてリラックスしてお話して頂けるよう、ときにはユーモアを交えるなど、配慮しており、また、簡単な質問等をしながらヒアリングをさせて頂くので、難しく考える必要は一切ありません。と言うより普通に会話をするだけです。

 

また、弊社では、法務のスペシャリストである行政書士が、直接相談者様からお話を伺う様にしていますので、慰謝料請求や離婚についても分かりやすく丁寧に対応させて頂きます。

 

 

浮気調査の調査日の決め方、絞り方

浮気調査はすぐにやるのが基本

浮気調査は、配偶者の浮気に気づいたら、原則すぐに行うのが基本です。

何故なら、時間が経てば経つほど以下の様なリスクが高くなるからです。

 

 

  • 会わなくなってしまった(別れた)ら、証拠を撮るのが不可能。

  • 不倫カップルも普通のカップルと同じで、だんだん密会の頻度が減るケースが多く、そうなると証拠を撮るチャンスが減る。チャンスが減るということは、調査日時(狙う日)の決定が難しくなることが多く、空振り(調査をした日がシロ)のリスクが高くなる。

     

  • 配偶者が浮気相手にのめり込んでしまって家を出て行ったり、妊娠したり(させたり)するなどリスクが高くなる。

 

この様な理由から、特別な事情がない限り、浮気調査は、気付いたらすぐに行い、なるべく早く、証拠を押さえて慰謝料請求や離婚、あるいは、夫婦円満などに向けてアクションを起こすのが好ましいと言えます。

 

 

密会日が特定できる場合と出来ない場合の決め方

浮気夫(妻)が相手方の異性と密会する日が特定できる場合と出来ない場合、密会の頻度によっ

て、調査日の決め方は変わってきます。

 

①密会日が特定できる場合は、当然ですが、その日を狙います。

浮気夫(妻)のLINEやメール等を見ることが出来る、行動パターンをメモしてたら毎週水曜日に密会していることが分かったというようなケースです。

ただし、大した情報が無いにも関わらず、勘で「この日が怪しい」と、根拠もなく調査日を特定してしまう(本来は特定できないケースです)と、かえって空振りする可能性が高くなることがあるので注意が必要です。

 

②密会日を完全に特定することは出来ないが、密会の頻度が高い場合(目安は2~7日の間に1回以上)は、何日か連続して調査する。

この場合、何回かは空振りすることは覚悟のうえで、何日か連続して調査を行うことが必要になってきます。3回に1,2回の証拠を撮るつもりで、何日か連続して調査するのが良いと言えます。

 

③密会日を特定できず、密会の頻度が低い場合は、上の2つに比べ非常に厄介です。

どうしても、費用を節約を優先(予算に余裕がない)したい場合は、ある程度時間をかけて行動パターンを見極めて、ある程度の範囲で密会日を特定できるようになってから、調査の日時を決めます。ただし、浮気調査は気づいたらすぐに行う(別れてしまうなど会わなくなってしまったら証拠が撮れなくなるので)のが原則ですので、本来は、このやり方は正しいやり方ではありません。

裁判や調停の日時が迫っている等時間的余裕がない場合、あるいは、心に余裕がなく早く証拠が欲しい場合などは、絶対に大丈夫な日を除いて、すぐに連続して調査を行う必要があります。

本来、浮気調査は気づいてらすぐに調査をするのが原則ですので、こちらのやり方が正しいと言えます。

当然ですが、③のケースは、時間も費用も①②のケースと比べ、多くかかることは覚悟しなければなりません。

余談になるかも知れませんが、③のケースの大多数は、夫(妻)の異変(浮気)に気づいても、すぐに専門家に相談しなかった場合で、こういった事態を避けるには、夫(妻)の異変に気づいたら、まずはすぐに専門家に相談することが重要です。

 

これらを踏まえ、いつどんなプランで調査をするのかを決定していきます。

弊社の場合は、時間制プラン、成功報酬制プランなど、複数のプランを準備しています。

成功報酬制と時間制(コミコミプラン)プランのところで詳しく書いていますが、①②のケースは時間制、③のケースは成功報酬制が当てはまりやすいと思います。

 

 

早く安くは両立できる!?

予め密会日が特定できる場合や、頻繁に密会している場合は、短期間の調査で、早く安く証拠を押さえられる可能性が非常に高いと言えます。

しかし、密会日が特定できず、更に頻繁には密会をしていない場合については、早く安くの両方を実現するのが困難な場合があります。

その場合、早く証拠を押さえることを優先するのか、費用節約を優先するのか、そのどちらかを優先するのか選ばなくてはなりません。

例えば、調停や裁判の予定が迫っている場合、あるいは、精神的に長くは耐えられないといった場合など、どうしても早く証拠を押さえることが必要な場合は、多少の空振りと費用面は覚悟したうえで、密会日(クロの日)を逃さないために、毎日連続して(絶対にない日は飛ばす)調査するという方針が理想です。

反対に、費用節約を優先しなければならない事情がある場合は、時間がかかるのは覚悟のうえで、なるべく空振りを減らすべく、調査対象者を泳がせ、情報収集をしたり、行動パターンを把握したりすることを重視する方針でいかなければいなりません。

この様に、早く証拠を押さえることを優先させるのか、費用節約を優先させるのかで、調査方針が全く違うい、相反する関係立つのです。これはプラン選定(時間制プラン、成功報酬制プランなど)においても重要なポイントです。

ただ、ひとつ言えることは、配偶者の浮気に気付いても、問い詰めるなど警戒される行動をせずに、すぐに調査を依頼されたケースでは、そのほとんどのケースで早く安くが実現できています。

反対に、問い詰めたり、自分達で調査まがいの行為をした案件や、長期間放置した案件は、非常に状況が悪くなっており、早く証拠を撮るには費用が、費用を節約しようとするには長い期間が必要になってしまう傾向が顕著に表れています。

配偶者の浮気に気付いたら、何かする前にすぐに専門家に相談すれば、早く安くの両立が実現できる可能性が高いのです。

 

イレギュラーな日は狙わない

イレギュラー?な日は狙わないのが原則です。

何故なら空振りのリスクが高くなるからです。

 

①長期休暇や祝日のイレギュラー

例えば、土日祝休みの浮気夫が、毎週土日のどちらかに密会していることが分かっている場合でも、その土日が、GWや盆、年末年始の休みにかかる場合など、イレギュラーな日は避けます。

金、土、日や土、日、月など3連休になる場合も注意が必要です。

この場合は、土日だけではなく3連休全部の調査をするか、その週は避けるなどの選択肢を検討する必要もあります。

なぜなら、調査対象者の行動パターンが、いつもの週とは変わる可能性があるからです。

 

②行動パターンのイレギュラー

実際にあった例です。

浮気妻は、シフト制のパートさん、週に1~2回ペースで、土日祝休みの夫が会社に行っていて自分が休みである平日の昼間に浮気相手の男性と密会している可能性が極めて高いという状況でした。

上記状況は、夫(依頼者)が、妻の洗濯物(下着)を毎日チェックしたところ、週に1、2回だけ、上下お揃いの派手な下着だったこと、また、浮気妻は、シフトを夫(依頼者)に教えておらず、しかも、下着が派手だった日にそれとなく確認すると、妻が仕事に行っていない日であったことから、推測されていました。

そこで、弊社は、月~金の5日間調査をすれば少なくとも1回、多ければ2回の証拠が撮れると判断、月~金の5日間の調査をすることをご提案差し上げました。

しかし、夫(依頼者)は、妻が「女子会に行く日」「会社の飲み会に行く日」が予め分かっていいるから、その日に調査をして欲しいと強く希望されました。

その理由は「このタイミングで、女子会、飲み会は怪しい、この日で間違いない」とのことでした。私共は、それには強く反対しました。

 

その理由

①本当に女子会や会社の飲み会かもしれない

女子会や飲み会の日に密会するというのは依頼者様の勘にすぎず、根拠がないため、空振りになる可能性も高い。平日の昼間に調査をすれば確実なのに、わざわざイチかバチかの賭けをするのはもったい。

②「女子会」「飲み会」の調査は増員が必要

浮気妻は、平日の昼間はマイカーで動いていたが、飲みに行く日は、バス、メンバーに迎えに来てもらう、クルマで行くなど、妻の交通手段が全く分からず、現場等のを考慮すると調査員の増員が必須であるため、イチかバチかの調査なのに1稼働当たりの費用が平日昼間に調査をするより高くなる。

 

しかし、お客様には、私どもの提案を聞き入れたはもらえず、結局「女子会に行く日」「会社の飲み会に行く日」の2日間の調査を行うことのなったのです。

結果は、本当に「ただの女子会」と「ただの会社の飲み会」で、空振りでした。

 

この様に、根拠なくイレギュラー日の調査をするのは得策ではないのです。

もっとも、「不倫旅行に行く日がわかった」「女子会と言っていたが、LINEを見たら男性と会うことが分かった」など、根拠があれば、その日は積極的に狙うべきですが・・・。

しかし、通常の行動をしてる日に調査をすれば証拠が撮れそうなのに、わざわざ根拠のないイラギュラーな日に調査をするのは避けるべきなのです。

 

空振りを少なくする方法

浮気夫(妻)が、予めは分からないが、毎週土日のどちらかに密会をしているというパターンがあります。

土日のどちらかだけ調査を入れて空振りになってしまってはもったいないので、3回の証拠を押さえようと思うと、土日×3回、計6日の調査が必要です。

この場合、3日は空振りになりますが、3日(回)の証拠が押さえられる計算になります。

いくら証拠が撮れるとはいえ、やはり空振りは少なくしたいものでです。

であれば、1日潰してしまえば良いのです。

例えば、土、日のうち1日は、浮気夫(妻)に家族の行事や用事を押し付けてしまします。

それを、仮に用事を押し付けるたのが「日」とします。

浮気夫(妻)が快く引き受けてくれれば「日」はシロ確定、省いて「土」だけ調査をします。

反対に、全力で断られた場合は、「日」はクロの可能性が高く、「日」は調査をするべきです。

 

毎週は難しいかも知れませんが、1~2週なら不自然にならず、この方法で調査日を絞ることができます。

 

尚、土日祝休みの浮気夫が、仕事帰り(平日の夜)に密会していることが分かっているけど日時が完全に絞れない場合等も、この「用事を押し付ける方法」で、調査日を何日かは省くことが出来ます。また、この場合、祝日がある週に調査をすれば、祝日は省けますので、1日減らすことが可能です。

 

ただし、警戒されてしまっては意味がありませんので、用事を押し付ける方法は、あくまで自然に、そしてやりすぎない様にしましょう。

 

 

調査の難易度が低いケースを狙うのが良い

同程度の強さの証拠なら調査の難易度が低いケースを狙うのが良いと思います。

実は、浮気夫(妻)が、不倫旅行に行く日が判明したので、その日に調査をして欲しいというご依頼(ご相談)をされるケースがよくあります。

しかし、詳しくお話を伺うと、浮気夫(妻)は、恐らく日ごろから同じ相手と頻繁にラブホテルに行っているというケースが多々あります。

この場合、3,4日の調査でラブホテルの証拠が撮れそうだったら、私なら、不倫旅行ではなく、ラブホテルを狙います。

理由は以下の通りです。

 

①不倫旅行の調査は時間が長くなる

宿泊を伴う不倫旅行であれば、不貞行為の証拠としてはとても良いものになりますが、その反面、とても時間が長くなりますので、その分の料金も多くかかります。

例えば、朝10時に浮気夫(妻)の自宅から調査を開始、翌朝10時に宿泊した旅館にチェックアウトをしたとしたら、この時点で24時間です。

※夜間に間を空けることもできますが、証拠としては調査継続が望ましい。

そして、相手方の住所が分かっていれば、2人がチェックアウトした時点で調査を終了することできますが、相手方の住所を判明させる必要がある場合は、チェックアウト後、浮気夫(妻)と相手方離別して、相手方が帰宅するまで調査を継続しなければなりません。

しかし、不倫旅行において、チェックアウト後、まっすぐ帰宅することは稀で、ほとんどのケースでは、たっぷり観光してから帰ります。

ですから、住所を判明させるには、かなり長時間の調査を覚悟して尾行を続けるか、後日、地元で密会したときに再度尾行して判明させることになります。

であれば、最初から地元のラブホテルを狙い、ラブホテルを出た後尾行して相手方住所まで判明させる方が手っ取り早いのです。

 

一例をあげると

 

不倫旅行を狙った場合

24時間の調査をして、最大1回の証拠

相手方住所の特定は、チャックアウト後に長時間の延長をするか、後日に密会した際に再度調査を行う必要がある

 

ラブホテル密会を狙った場合

8時間×3日で24時間の調査を行うことにより、最大3回の証拠(頻繁にに密会している場合)

時間内、あるいは、短時間の調査で相手方住所の特定ができる可能性がある

 

この場合、後者の方が良いのではないでしょうか?

 

 

②不倫旅行の調査は難易度が高い

ラブホテルであれば、建物に入ったところやチェックイン、あるいは、建物から出るところなどを撮れば(何れかでも)、十分証拠になります。

しかし、シティホテルや旅館などの場合、浮気夫(妻)と相手方が、同じ部屋に滞在していた証拠を撮る必要が生ずることがあります。

我々はプロですからそういったケースでもほとんどのケースで対応は可能ですが、やはり調査の難易度は高くなります。

そして、調査員が調査対象者と同じ宿泊施設に宿泊できなかった(満室だった)場合、その宿泊施設内に調査員が滞在することは困難(法律的にも)で、非常に調査がやりにくくなります。

ラブホテルであれば、そういった心配は、あまりありません。

 

 

③ラブホテル滞在の証拠のほうが強い

「ラブホテル滞在の証拠」は、もっとも強力な浮気の証拠の1つです。

「不倫旅行(宿泊を伴うもの)の証拠」も不貞行為の証拠としては十分ですが、より強い(少なくとも同等以上)のは、何と言って「ラブホテルの証拠」です。

ですから、どちらか選ぶなら、ラブホテルを狙うべきです。

もっとも、御予算に余裕があってれば、両方やってくれと言われれば、喜んでやらせて頂きます(笑)

 

 

この様に、不倫旅行の証拠を狙うということは、「ラブホテルと同程度かそれ以下の証拠を撮るために、高いお金をかけて(長時間)、わざわざ難しい調査をする」ということになるのです。

 

ですから、頻繁に密会している等、容易にラブホテルの証拠が撮れそうな場合は、不倫旅行を狙うのではなく、ラブホテルの日を狙うべきなのです。

 

ただし、浮気夫(妻)と相手方の密会頻度が低く、日時も特定が困難なケースで、不倫旅行に行く日が分かれば、それは千載一遇のチャンス、間違いなくその日を狙うべきです。

 

無料相談で詳しい状況をお聞かせ頂ければ、最適なご提案をさせて頂くことが出来ます。

 

 

不貞行為が週に1回の場合、月だと3回!?

1週間に1回のペースで不貞行為が行われている場合、ひと月だと4回のはずが3回になってしまうことがあります。

女性が生理、いわゆる「あの日」の週は、会わなかったり、会ってもラブホテル等に行かない場合が多いのです。

浮気妻が調査対象者の場合は、あの日を特定できる場合が多いと言えますが、浮気夫の調査の場合は、相手方のあの日を特定するのは困難です。

ただ、浮気夫が対象者の場合でも、過去の密会パターン等をメモするなどして情報を収集している場合は、それを見るとある程度は分かることがあります。

もしも、あの日が分かれば、その週の調査は省いた方が良いと言えます。

 

 

成功報酬制と時間制(コミコミプラン)のプラン、どちらを選ぶべき?

 

状況によって選ぶプランが変わる

浮気調査において、お客様がもったいないと思われるのは、やはり空振り(調査をした日に、不貞行為や異性との接触がないこと)です。

しかしながら、浮気調査は相手があることですから、多くのケースで調査対象者の行動を完全把握するのは難しく、それゆえ空振りを100%防ぐのは、残念ながら困難だと言えます。

この様に、浮気調査の特性上、ある程度の空振りは覚悟する必要があります。

そこで、弊社の場合、密会の日時が予め分かるか否か、密会の頻度などによって、浮気調査のプランが、複数プラン(成功報酬制、時間制など)からお選び頂ける様になっています。

ざっくり言うと、成功報酬プランは、密会日が特定できないなど空振りが多くなりそうな場合に有利、時間制(コミコミプラン)は、密会日があるていど特定できるあど空振りが少なくて済みそうな場合に有利なプランです。

弊社では、これら複数のプランを設定することにより、空振りの「もったいない」を、なるべく少なくして頂ける様にしています。

 

成功報酬制プランに適したケース

・成功報酬プランの特徴

その名のとおり、証拠が押さえられた場合には、成功報酬が発生が、シロだった日(稼動)は、調査料金がかかりません。※ただし、最低限の経費はかかります。

 ですから、最大のメリットは、空振りした場合の出費が極少ないことです。

 

・成功報酬制プランに適したケース

成功報酬プランは空振りが 多くなりそうなケースに適しています。

具体的には、予め日時を特定することが出来ず、かつ、頻繁には密会していないケースなどです。
 密会頻度の目安としては、1回の証拠を押さえるのに7~10稼働以上かかりそうなケースに有利です。

 

・調査の日時はどうしたらいい?

成功報酬制プランは、空振りの際の支出が少ないことが最大のメリットです。
従って、可能性のある日(絶対に無い日だけ飛ばして)連続で、調査の予定を入れておくのが望ましいと言えます。

 

時間制(コミコミプラン)に適したケース

・時間制(コミコミプラン)の特徴

調査を行った時間に対して料金がかかるプランです。

したがって、撮れなかったか(白でも)証拠が撮れても(クロでも)同じ料金、つまり成功報酬がかからないので、最大のメリットは、非常にお値打ちなことです。

ちなみに、他社さんと比べても、かなりお値打です。

 

・時間制(コミコミプラン)に適したケース

クロでもシロでも料金は変わらないので、空振りが少ないケースに適しています。

具体的には、予め密会日がある程度特定できるケースや、頻繁に密会しているケースです。

密会の頻度の目安としては、毎日~5日に1回くらいまでのケースに有利です。

 

・調査の日時はどうしたらいい?

予め日時が特定できる場合は、言うまでもなく、その日に調査入れて下さい。

例えば、スマートフォンから予め密会日が分かる、ほぼ毎週●曜日に密会している等、密会日がある程度特定できる場合です。

頻繁に密会しているものの、その日時が特定できない場合は、可能性が0の日(土日は家族で過ごすのが決まっているなど)を除き、その頻度に合わせて(例えば2~3日に1回の場合は3日間)連続して調査を入れるのが良いと思います。

 

 

浮気調査の開始時刻を決める際の注意点

浮気調査の開始時刻は余裕をもって設定することが重要です。
何故なら調査開始時刻の前に、対象者がすでに、自宅や職場など、調査開始場所を出てしまったら、調査にならないことがあるからです。
尚、対象車両にGPS発信器を装着していれば、対象車両のところまではいつかたどり着くことは可能です。

しかし、対象車両を発見できる(追いつく)までの行動がほとんど分からず(例えば、異性を乗せたことやその場所、相手方の車両情報など。)証拠収集が、大きく出遅れることになります。

また、対象車両が動いている間は、物理的に追いつくのが困難(距離が縮まらない)です。

更に、対象車両をどこかに置いて、電車等や相手方のクルマ等で移動されていたら、対象車両のところで、待っていて張り込むみをするしか調査方法がなくなってしまいます。

この様な事態を招かないために、調査開始時間は余裕をもって設定することが大切です。。

 

①開始時刻は早めに設定する。
例えば、17時に対象者が家を出ることが分かっている場合、遅くても16時30分に開始時刻を設定する。

※弊社調査員は開始時刻の30分前到着を心がけています。16時30分開始なら16時到着。

 

②勤務先開始は原則、定時に設定する。
定時は18時だが、「夫の帰りはいつも20時だから19時30分開始で良い(勤務先から家まで15分)」と言われるお客様がいらっしゃいます。
つまり、いつも残業しているから定時の開始では早すぎて、延長になってしまうのがもったいないということです。
しかし、本当にこれで良いのでしょうか?
実際に調査をしてみると、密会日だけは定時で仕事を切り上げていたというケースや、普段の帰りが遅いのは寄り道していただけで、実際は定時に終わっていいたというケースが多々あります。

ですから、勤務先開始は、例外もあるかも知れませんが、定時から開始するのが原則です。

 

③迷ったら逆算してみるのも良い
例えば、調査対象者である浮気夫(妻)は、いつも、午前11時過ぎに家を出て密会をしている様だが、たまに午前9時過ぎに家を出ることがある。そして、浮気夫(妻)は、遅くても依頼者が帰宅する時間より前の19時頃には、帰宅しているという行動パターンだったとします。

この場合、お客様によっては、「午前9時頃に家をでることは滅多にないのに、9時前に調査を開始して、延長になったらもったいない。」とお考えになる様です。
しかし、ここで本当に考えなければならないのは、「浮気夫(妻)が9時に出る事もあり、その場合11時に調査を開始ししていたら、間に合わない。」ということです。
実はこの場合、ちょっと考えれば、何時に開始したら良いのか簡単に結論が出ます。
9時に開始にしておけば良いのです。

浮気夫(妻)は、遅くとも19時までには帰宅するわけですから、9時に調査を開始して19時になったとしても全部で9時間、延長は長くて1時間だけということです。

それに、18時の時点で浮気夫(妻)と異性との接触がなければ、それ以降(18時から19時までの間)に不貞行為が行われることは、まずないので、延長せずに18時で調査解除、終わりの時間で調整することだってできます。

ということは、延長が必要なときは、不貞行為が行われたときですから、仮に1時間延長になったとしても、十分な調査が出来ないより、1時間延長することになったほうがずっと良いということになるのです。

 

ラブホテルの証拠は、入るところ?出るところ?どっちが重要!?

お客様から「ラブホテルに入るところの証拠と、ラブホテルから出るところの証拠はどっちが大事ですか!?」という質問をよくされます。また「ラブホテルの証拠は入るところと、出るところの写真が両方ないとダメなんですよね?」と聞かれます。

実は、ラブホテルの証拠は、「入るところがないといけない」とか「出るところがあれば大丈夫」とか、「入るところ」「出るところ」の両方が無ければいけない」ということではありません。重要なのは、調査対象者と相手方がラブホテルに一緒に「滞在していたことを証明すること」なのです。

 

滞在を証明できる証拠の一例をあげると・・・

「ラブホテルに入るところの写真はないが、ラブホテル駐車場内で張り込みをしたところ、対象者のクルマが2時間止まっていて、ラブホテルの建物から出てきた浮気夫と相手方女性が一緒に出てきて、クルマに乗った証拠が撮れた。」

この場合、2人がラブホテルに滞在していたことは、十分証明されるでしょう。

この様に、ラブホテルの証拠は「入るところ」とか「出るところということではなく、そこに滞在していたことを証明することが重要なのです。

もちろん、「入り」と「出」の両方があれば一番良いですが・・・。

 

余談になるかも知れませんが、「出るところ」のほうがより、良い画が撮れる可能性は高いと言えます。何故なら、入るところは後姿を撮影することになり、出るところは前からの撮影することになる、つまり出るところの方が、顔を撮りやすいからです。また、「出るところ」は、いくら対象者が警戒していても、「入るところ」より、調査に影響が少ない(対象者に対策されにく、警戒されにくい)ということも言えます。

 

例えば、警戒している対象者の場合、無理に「入るところ」を押さえようとすれば、怪しまれ、最悪ラブホテルに入るのをやめてしまうこともあるでしょう。そうなってしまったら、せっかく調査をしているのに証拠を撮ることが出来なくなります。

ラブホテルを出た後、相手方の住所を判明させるために尾行する必要がある場合においては、チェックアウト後の尾行のことも考慮する必要があります。対象者が警戒しているのに、ラブホテルに入るところを無理して撮りに行き、更に警戒させてしまうと、その後の調査(尾行)がやりにくくなってしまうからです。

 

基本的には、「出」も「入」も狙いますが、状況にもより、対象者が極端に警戒している場合、ラブホテルに入るところの撮影は、危険ならあえて捨て「出るところ」に専念する場合もあります。

特に、ラブホテルに行くまでの間にデートや待ち合わせなどの場面が撮れている場合は、警戒しているのに、無理をして「入るところ」を撮らなくても良いケースだと思います。

 

重要なのは、全体の流れで、「この2人がラブホテルに滞在していたと」証明することが出来るかどうかです。

 

 

浮気の証拠は短期間に連続で?それとも長期間バラバラで??

「連続して調査を行い、頻繁に浮気(不貞行為)をしていた証拠を撮ったほうが良いのですか?それとも、調査と調査の間を空けて、不倫が長期間に及んでいた証拠を撮ったほうがいいのですか?」浮気調査のお客様からよく頂くご質問です。

調査をする(証拠を撮る)という観点からすると、特別な事情がなければ、すぐに調査をするのがセオリーです。つまり、浮気夫(妻)が、頻繁に不貞行為を行っているようなら、連続して調査を行い、なるべく早く証拠の収集を完了させておいたほうが良いということです。

 

その理由は以下の通りです。

  • 会わなくなってしまった(別れた)ら、証拠を撮るのが不可能。
  • 不倫カップルも普通のカップルと同じで、だんだん密会の頻度が減るケースも多く、そうなると証拠を撮るチャンスが減る。チャンスが減るということは、調査日時(狙う日)の決定が容易でなくなったり、空振り(調査をした日がシロ)したりするリスクが高くなる。
  • 時間が経てば、浮気相手にのめりこんでしまって、浮気夫(妻)が、家を出て行ったり、妊娠したり(させたり)するなど、状況が悪くなるケースも多い。

 

この様な理由から証拠が撮りやすいという観点で見ると、なるべく早く調査をしたほうが良いということになります。ところが、裁判では、一般的に、同じ頻度なら、不倫の期間が短期だった場合より、長期に及んでいたほうが、慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。

ですから、慰謝料という観点からしたら、不倫が長期に及んでいたなら、それを証明することも重要だということです。

ただ、あまりにも長期間にわたり慰謝料請求などのアクションを起こさない(放置している)と、浮気を黙認していた(許していた)みなされることもあり、不利になることも考えられますので、そういった意味ではなるべく早く証拠を押さえ、アクションを起こさなければなりません。ですから、何れにしても、すぐに調査をして十分な証拠(2~3回)を押さえておくことが良いと思います。もしも気になるなら、少し間を空けてから再度調査を行い、もう1回くらい証拠も撮っておくのも良いかも知れません。

また、探偵が撮ったものだけが証拠ではありませんから、LINEやメールなど、ずっと前から不倫関係にあったことが証明できそうなら、それらの情報(証拠)を保存しておき、浮気調査の証拠と合わせて、不倫が長期間に及んでいたことを証明するのも良い方法と言えます。

 

これらをまとめると、無理をして調査を長引かせるのではなく、現在おかれている状態の中で、撮れる証拠を早めに撮っておき、なるべく早くアクションを起こすことが重要だということです。

 

浮気調査の発覚は意外なところから!その対策は!?

 実は、浮気調査において、尾行や張り込みから調査をしてることが、調査対象者に発覚するケースは稀です。

 浮気調査の発覚は主に以下の事項から発覚しているのです。

 

1.契約書・名刺から

 

原因:ご契約を頂いたお客様は、契約書の控や、名刺などを持って帰られることになります。これらを浮気夫(妻)に発見されてしまい、調査の事実が発覚したケースが多々あります。

 

対策:契約書や名刺は調査対象者が物理的に立ち入れない場所に保管しましょう。例えば、自身のご実家、会社のカギのかけられるロッカー、親や兄弟に預ける等です。

ちなみに、保管場所の3大NGは、①「自宅のタンス・クローゼット、引き出し」、②「マイカーの中」、③「カバン・財布の中」です。

これらは、すべて実際に発覚したことがある場所です。あなたが隠したい場所は、みんなも隠したい場所、つまり探されやすい場所なのです。

 

 

2.スマートフォン・携帯電話から

原因:依頼者様と探偵(お客様担当)の連絡手段は、主にスマートフォン(携帯電話)です。

これを見られて発覚したケースもよくあります。

 

対策:最低でも暗証番号は変えましょう。探偵社の電話番号でなく、お客様担当の携帯電話番号を同性の名前やニックネームなどで登録しましょう。メールやLINEのやり取りはすぐに消去しましょう。

 

最低でもこれくらいの対策は必要です。

浮気夫(妻)と浮気相手がこっそり連絡をとるように、お客様と探偵(担当者)も、こっそりやりとりをしなければいけない関係なのです。

 

 

3.探偵に依頼したことを誰かに話す

 

原因:浮気調査を依頼したこと誰かに話して、そこから調査をしていることが、調査対象者に伝わってしまったというケースが意外に多いです。話した相手が飲み会の席で話した相手が、対象者の友達で伝わってしまったという例もありました。中には相談していた親友が、裏切り者で調査対象者と繋がっていたことや、相談していた身内(妹)が夫の浮気相手方だったという驚くべき例もありました。

 

対策:調査を依頼したことを原則誰にも話さない様にしましょう。話すにしても、両親までにしておきましょう。

 

 

上に挙げたように、調査をしていることが調査対象者に分かってしまったら、調査をするのがとても大変です。中には証拠を撮るのが不可能な状態(会わないなど)になってしまった例もあります。

 

しかし、これらはすべて注意すれば必ず事前に防げる事項です。

 

ですから、くれぐれも注意して下さい。

 

また、聞き込み、尾行・張り込みなど、を自分達でやってしまってからご依頼に来られる方がいらっしゃいますが、これらも厳禁です。

 

これらは、探偵社が調査をしていることが調査対象者に発覚するわけではありませんが、実際に調査対象者を極端に警戒させてしまっていることが多く、我々プロでもとてもやりにくく、発覚の危険性が高くなります。

 

そもそも、聞き込み調査は、調査対象者に伝わってしまう危険性が高いので、浮気調査においては、我々探偵でも原則やりません。

 

尚、弊社では、お客様と面談の際にこれらの注意事項をしっかりお伝えしています。

 

 

 

対象者に「バレてもいいから調査をして欲しい」は有り?無し?

お客様から「バレてもいいから証拠を撮って下さい!」と言われることがあります。

特に、調査対象者が警戒している場合に、「すんなり調査が終わらない可能性がある」というリスクを伝えたお客様からよく言われます。

しかし、バレていると分かっているのにグイグイ尾行したりする等、強引な調査をしするることは法律上、許されません。。ここでは詳しく書きませんが、探偵業法には、調査対象者に恐怖心を与えてはいけないという旨の定めがあり探偵業法に違反することになるのです。

また、場合によっては、つきまとい等として条例違反に問われる可能性もあります。

そして、これらに違反すると、最悪の場合、不貞行為の立証という、正当な理由がある調査であっても、調査員が逮捕されてしまう可能性だってあるのです。

 探偵社は、違法な方法で調査はできませんし、ましてや逮捕されてしまうような無責任なことを大切な調査員にさせることはできせんので、バレてもいいから強引に調査をするということはできないのです。

調査は細心の注意をはらって、バレない様にやる必要があるのです。

ちなみに、私の知るかぎり、高いスキルをもっていて、時間も休みも関係なしに働いている調査員でも、普通のサラリーマンの年齢相応のお給料です。

それなのに、強引な調査を強いられて、逮捕されるリスクまで負わされたら、みんな辞めて誰もいなくなってしまいます。

 幸い、弊社の調査員は逮捕されたことはないですが、真面目にやっていたのに調査員が逮捕されてしまったという例もあります。もちろん正当な調査です。

その案件は、もともと調査対象者が極度に警戒しており、調査中に、これ以上の調査続行は困難と判断した調査員が、クライアントに調査中断を申し入れたが、クライアントが強引に調査を継続するよう指示、仕方なく調査を継続して、調査の事実が調査対象者に発覚、通報されて逮捕に至ってしまったという事案です。

 

逮捕されたのは私も顔見知りで、真面目でとても優秀な調査員ですが、あえて1つだけ間違い?を指摘するなら「調査中断の申し入れをする」ではなく、調査継続は法律に違反する可能性があるわけですから「調査を中断して中断した旨を報告する」というのが正しい判断だったと思います。

当然ですが、逮捕されたてしまったら、他の調査員に替えても、もう同じ対象者(案件)の調査を継続することはできません。また、他社に依頼するのも難しいと言えます。

ですから、強引な調査を行わせることは、探偵社だけでなく、お客様にとってもマイナスになるのです。

つまり、お客様のことを第一に考えても、あまり強引な調査はすべきではないのです。

そして、調査を適切に中断すれば、次回のチャンスを狙うことが十分可能です。

また、浮気調査において、浮気夫(妻)を問い詰めてしまったり、自分達で尾行や張り込みなどをしてしまったりした、警戒案件でなければ、調査対象者の警戒により途中で調査を中断しなければならない状況は、ほとんどありません。

しかし、こういったことをやらかして、自分で状況を悪くしてしまったお客様ほど、「バレてもいいから証拠を撮って下さい!」とおっしゃいます。

これを実行するとなると、悪く言えば、自分でやらかしておいて、リスクは探偵社持ちということになります。

探偵社にこの様な無茶を言わなくて良い様、くれぐれも調査対象者を警戒させるようなことをする前に、相談に来て欲しいものです。

 

 

探偵と調査対象者はどっちが強い!?

浮気調査(行動調査)において、探偵と調査対象者は、どちらが有利だと思いますか?

答えは、ほとんどのケースで

 

①警戒していない調査対象者の調査は探偵が有利

②警戒している調査対象者の調査だと調査対象者が有利 です。

現場の状況などにもよりますので、一概には言えませんが、一般的には上に書いた通りです。

しかし、

③調査対象者が本気になったら、調査対象者の勝ちが確定します。

 

お客様が問い詰めるなどして、調査対象者を警戒させてしまい、調査対象者が「浮気相手としばらく会わない」という選択肢を選んでしまったら、どんなに優秀な探偵でも証拠を撮るのは不可能です。つまり③調査対象者の勝ちが確定するわけです。

 

問い詰めたり、自分達で調査まがいのことをしてしまったりしている案件は、ほとんどが②の状態です。中には③の状態もあります。

しかし、そういったことをしたお客様は「大丈夫」(それほど警戒していない。多分会っている。)とおっしゃることが多いのです。

中には、どんなに調査対象者が警戒していても探偵なら容易に証拠が撮れると思っているお客様もいらっしゃいます。そして、こういったケースでは、実際に調査をしてみると「大丈夫」だったことは滅多にありません。

しかし、我々もプロですから、不貞行為があれば、最終的にはほとんどの案件は何とかなります。ただ、全く会わなければ証拠の撮りようがありません。また、警戒により会う回数が減ったり、情報がつかみにくくなったりすれば、空振り(調査をしたに会わない)のリスクが増します。

そして、調査対象者が警戒して周囲を気にするなど、調査の難度が上がれば、期間や調査員の人数が余分にかかったりして、費用が高くなってしまい、調査員だけでなくお客様の負担も大きくなってしまうのです。

 

もう一度言います。調査対象者が警戒していなければ、探偵がほとんどのケースで有利ですから、我々が調査をすれば、恐らくすんなり証拠が撮れるはずです。

くれぐれも、不用意なことをして、調査対象者を警戒させる前にご相談下さい。

 

 浮気調査は実は安い?

浮気調査(行動調査)の依頼や見積をされた方で金額が「高い」と感じられた方も多いでしょう。弊社の浮気調査(行動調査)は、かなりリーズナブルな設定になっているはずですが、それでも、稀に「高い」とおっしゃられる方がいらっしゃるのも事実です。

他社でも見積もりを取られた方は、弊社の料金が安くて驚かれることもありますが・・・。

たしかに、我々からすれば、ご奉仕価格であっても、お客様にとっては大金だということは、重々承知しているつもりです。

では、なぜ浮気調査(行動調査)は、高い、あるいは、高いと感じてしまうのでしょうか?

 

理由1:そもそも形が無いものは高く感じる

浮気調査(行動調査)など、形の無いものは、形のあるものより高く感じる様です。

特に、日本人にはその傾向が強いと言われています。

身近なもので言うとクルマや家電など形のあるモノのより、目に見えない浮気調査などの役務はどうしても高く感じてしまうそうです。

 

理由2:浮気調査はオーダーメイドと同じ

上に挙げた形のあるもの、クルマや家電などは大量生産が可能です。同じものをたくさん製造することによって、1個あたりの値段を大幅に下げることができるのです。

しかし、浮気調査は、人が1件1件の調査を個別に行うしか方法がありません。

つまり製品に例えるならフルオーダーのハンドメイドなのです。

大量生産なら300万円程度で買えるクルマでも、フルオーダー1点ものをハンドメイドだったら軽く1ケタは違ってくるはずです。

余談になるかも知れませんが、ハンドメイドなどで製造を行う業種では、製造する社員の人件費を仕入原価の勘定科目に分類するケースもある様です。詳しくは書きませんが、1人が製造できる数は決まっているので、人件費を仕入れ代金として計算した方が適切(分かりやすい)からです。

つまり、1件1件オーダーメイドの浮気調査は、高額な仕入れが発生しているのと同じなのです。

 

理由3:探偵社の人件費は大きな負担、しかもそれだけではない

浮気調査は、調査員が、1件1件の調査を個別に行いますから、人件費はとても負担になります。人件費は、探偵社のみならず、多くの企業にとっても同じです。しかし、人件費だけではありません。

ところで、経営者の方で「高い」とおっしゃる方は、サラリーマンの方に比べて稀です。

最初は金銭的な余裕がるからだと思っていましたが、どうやらそれだけでは無い様です。

サラリーマンの方は、自分がもらうお給料が比較基準になっているのに対して、経営者の方は、従業員に支払う給料だけではなく、それ以外にかかる多額の経費があるのを理解していらっしゃるからだと思われます。

ちなみに、一般的な企業が存続するには、実際に、従業員は自分がもらう給料の額面の3倍程度を稼がないといけないそうです。

 

理由4:調査員の拘束時間は対象者次第

多くの浮気調査は終わりの時間が決まっていません。また、決まっていても予定(依頼者の予測)と違ってくることも多々あります。

それは、調査を終われる時間が、調査対象者の行動次第だからです。

例えば、シロの場合は数時間で終われることになっていても、異性と接触したときに深夜、あるいは、朝まで調査しなければならないというケースにおいては、それを想定し朝まで、調査員の時間を確保しておかなければなりません。

当然ですが、浮気調査において、調査対象者がラブホテルに滞在しているのに「定刻になりましたので、お疲れ様です」といって帰るわけにはいきません。

また、短時間の調査だから後に別の調査を入れておく等そんな都合よく予定が組めることは稀ですし、短時間で調査が終わってたからといって「時間が空いたから、代わりにこっちの調査をやっておく」というわけにもいきません。

だから、短時間で終わることが見込まれる調査であっても、ある程度の金額はかかってしまうのです。また、浮気調査には、調査以外にも、準備や報告書の作成等にかなりの手間と時時間がかかるのです。

 

理由5:探偵(調査員)はリスクが高い危険な仕事

ここでは、詳しくは書きませんが、実は、浮気調査は、正当な調査であっても、逮捕されてしまうことがあるほどリスクの高い仕事です

対象者に尾行を気付かれているのに尾行を継続したりすると、場合によっては探偵業法やその他条例などに抵触する恐れがあるのです。

また、そうなれば営業停止などの処分を受けることもります。

この様に、探偵社の仕事はとてもリスクが高いのです。

余談ですが、お客様が自分達で調査まがいのことをした後の調査は非常にやりにくいことが多く、そうでない案件に比べ、上記のようなリスクが高いと言えます。

自分達で調査まがいのことをしたお客様は「ここまでやったのだから安くやってよ」というスタンスの方が多いですが、こちらとしては、本当は割増料金を頂きたいくらいなのです。   

ここまで書くと、「探偵(調査員)さんは、さぞかし給料がお高いんでしょ?」と思われるかもしれませんが、実は、普通の中小企業のサラリーマンと変わらないです。

むしろ、良心的な価格の探偵社は、その多くが、調査員の待遇だけみれば、まぁまぁブラック企業かも知れません(笑)そうでなければ、弊社の様な価格設定は無理なのです。

 

しかし、少なくとも弊社の浮気調査に関わる調査員で、待遇に文句を言う調査員はいません。

なぜなら「困っているお客様のために」という気持ちで、高い意識とやりがいをもってプロの仕事をしているからです。

ですから、他社と比べて高いというなら話は別ですが、お客様に、根拠もなく不用意に「高い」と言われるとちょっと複雑な気分になってしまいます。

 

 

浮気調査を自分達でやるのはやめましょう

自分で、あるいは、知人や友人等に頼んで(以下、まとめて「自分達」といいます)調査をしてしまって、証拠が撮れなかったという方がよく相談に来られます。

できれば、冷静に考えて、思いとどまってもらいたかったです。

 

自分達で調査をしてはいけない理由は主に3つあります。

 

理由1:素人が調査をしてもほとんどうまくいかない

 自分達で調査しても、まともな証拠がとれる割合は10件あったら1件有るか無いか?といったところでしょう。では、何故、自分達では証拠が撮れないのでしょうか?

 

答えは、機材と技術の2つです。

 

    • 現場まで行けても、まともな機材がないから証拠画像が撮れない

最近はネットで誰でも気軽に、リアルタイムのGPSが借りられるので、ほとんどの場合、浮気夫(妻)のクルマの場所までは行けるでしょう。

しかし、証拠の画像を撮るのは、プロの調査員でなければ困難です。その理由は・・・

そもそもお客様が持っている機材のスペックが不足しているからです。

例えば夜のラブホテルは、かなり暗いところが多く、普通のカメラで撮影するのは困難です。 昼間のラブホテルでも無理なくらい暗いところもあります。

それ以外にも色々あります。

たまに、スマホで撮ろうとして失敗したという人が相談に来られますが、調査をなめてはいけません。

 

    • スキルも経験も無から、正しい判断や的確な行動が出来ない

実は、浮気調査(行動調査)というものは、どんな優秀な探偵であっても、状況によっては必ずしも1回で完璧な証拠が撮れるとは限りません。また、毎回、素晴らし証拠が撮れるという保証もありません。

何故なら、浮気調査に筋書きはなく、対象者の行動や状況次第、与えられた状況の中で、より良いものを撮るしかないからです。

もっとも我々プロは、お客様がよっぽどやらかしている案件でなければ、ほとんどの調査において、最高に近い証拠を押さえます。

ところが、自分達で調査を試みたお客様の中には、焦って録画ボタンすら押せなかったという方がたくさんいらっしゃいます。

対象者がラブホテルから出てきたので、慌てて撮影しようとしたものの、「あわわわわっ」と焦ってピントが合わないうちに、対象者が立ち去ってしまい、何も撮れなかったというケースが多いのです。

当然ですが、浮気調査は相手があることですので、調査対象者がこちらの都合に合わせて動いてくれるわけもなく、状況に合わせて瞬時に的確な判断をし、調査をすすめていくことが必要です。これには、相当なスキルや経験が必要なのです。

 

また、調査対象者が極度に警戒しているなど、状況が悪いと判断したときは、諦めるという判断が必要になる場合があります。

勿論、調査を終了するという意味ではなく、無理だと判断し場面はあっさり捨てて、その他の場面に力を入れ、全体の流れで証明できる様にしたり、次回の稼働につながる証拠や情報の収集に徹したりすることに切り替える様にします。優秀な調査員程、この判断が早く、正確です。

 

具体的には、

  • 例①:流れで証明:ラブホテルの出入りは状況が悪く(顔を隠していた)など、顔を撮影するのが困難な場合、その後、離別する際に顔をしっかり撮影する、クルマに乗り込むところを撮影(ナンバー)して人物が特定できるようにする。など

 

  • 例②:次回稼働の為の情報収集:調査対象者が相手方のクルマに拾われて自分のクルマを捨てて行動するケースで、警戒がひどい場合等、尾行を諦めて捨てたクルマで待ち、帰ってきたところを狙って相手のクルマを尾行するといった行動をすることがあります。ノウハウに関わるのでこれ以上詳しくは書けませんが、案件によっては非常に有効な手段で、次回にはバッチリ証拠が撮れるパターンです。

 

一番ダメなのは、調査をしていることが調査対象者に分かってしまい、調査の継続が不可能になることです。ですから、厳しいと判断した場面はあっさり捨てて、次回(その日うちの次のチャンスや別日の稼働)に掛ける、つまり、次につなげられるような調査をすることに注力すべきなのです。

 

しかし、ここで素人の方は「千載一遇のチャンス!」とばかり、目を血走らせながら全力で無謀なことをして、対象者を警戒させてしまい、調査を続行することが困難な状況にしてしまったうえに、「証拠も撮れていなかった」という最悪の事態を招いてしまうのです。

 

理由2:かえって高くつく

自分達で調査をしてしまった案件のほとんどが、プロであっても、非常に調査がしにくい状態に陥っています。それに加えて、警戒させてしまったことに気づいていなかったり、お客様が、有用性があると思っている情報が、調査において全く役に立たなかったりすることが多いのです。

例えば、お客様が役に立つと思っているが、実はあまり役に立たない(ポンコツな)情報の例として・・・

 

  • 「相手方の尾行に途中で失敗して、〇〇町〇丁目付近でクルマを見失ったからこの付近に住んでいる。」
  • 状況を聞くと一概にそのあたりとは言えなかったり、範囲が広すぎて参考にならなかったりすること等が多く、また、実際に調査をしてみると全然違うところに住んでいたということが多いです。そもそも、本当にその付近に住んでいるなら、見失っても周辺を探せばクルマは見つかっているはずです。

  • 「相手方のクルマは〇色、プ〇ウスだ」・・・など
  • そんな、たくさん数が出回っているクルマの色と車種だけ分かっていてもあまり役に立つ情報とは言い難いです。

    せめてナンバー4桁が分かればまだ・・・。つまり、無いよりは良いが、警戒させてまで得た情報がこれでは、全く割に合わないのです。

     

  • 「相手方の顔を見ればわかる。」(写真はない)
  • 調査をするのは調査員ですので、お客様にだけ分かっても・・・。

 

ちなみに、自分達で調査をして、上記の様なあまり役に立たない情報を伝えてくるお客様のケースは、当然ですが、かなり警戒しています。

 

有用性の低い情報を有用性が高いと思っているということは、調査の要点を全く理解しておらず、当然、調査のやり方も、無茶苦茶だったのでしょう。

 この様に、調査対象者を警戒させてしまったうえに、大した情報もない案件は、我々プロでも長期間の調査を強いられたリ、調査員の人数の増員を余儀なくされたりするので、必然的に料金が高くなります。それでもまだ、最終的に証拠が撮れれば良いですが、調査対象者が浮気相手と会わなければ、どんな優秀な探偵が調査をしても証拠を撮ることは絶対に不可能なのです。

 

理由3:お客様が逮捕されるリスクがある

尾行や張り込みは、つきまとい等、条例違反にあたり、通報されると逮捕される可能性があります。我々探偵社はお客様と書面で契約を交わすので、正当な調査であることは容易に証明できますが、お客様(友人知人等含む)の場合はそうはいきません。

また、我々探偵が正当な調査を行っていたとしても、尾行がバレた後、強引に調査をすすめると、逮捕される可能性があるわけですから、正当な調査であることが証明しにくく、かつ、調査のノウハウや技術が無く発覚の可能性が高いお客様(知人友人等含む)が調査をするのは、無謀としか言いようがありません。

 

他にも色々とありますが、自分達調査をしてはいけない理由は、主にこの3つの理由だと思います。そして、浮気調査において調査対象者を警戒させるということはとても恐ろしい事なのです。何故なら、証拠を撮らせたくない調査対象者と、証拠を撮りたい探偵が、がどちらも本気を出して戦ったら100%調査対象者の勝ち(会わない=証拠収集不可能)だからです。

 

どんなに優秀な探偵でも、調査対象者に本気?を出され「浮気相手と会わない」という必殺技を使われてしまったら、残念ながら証拠を撮る方法が無いのです。

仮に会わないという対策まではしなかったとしても、会う回数を減らされる、今まで分かっていた情報を隠されたり、行動パターンを変えられたりするなどしたら、空振りが増え、そうなれば調査の期間が長くなります。それに、警戒して尾行を気にされたら、調査員の人数を増やしても大変な調査になります。

早く安く証拠が欲しいなら、調査をやりにくくする前に最初からプロに依頼すべきだと思います。

お問い合わせはこちら

  • 野田の本音ブログ
  • メディア出演
  • TOMO法務事務所
  • 探偵法務s
  • 社員の不正・サボり調査
  • SPY探偵事務所
  • 探偵法務s岡山
  • 日本行政書士会連合会
  • 岐阜県行政書士会
  • 法テラス
  • さくら探偵社
  • 望月興信所

依頼者様専用

※パスワード認証があります。