岐阜市柳津の浮気調査専門「SPY探偵事務所」は、1日だけの調査から裁判に勝つ為の証拠、慰謝料請求・公正証書・作成等(法務事務所併設)まで、すべて安心価格でご提供させて頂いております。秘密厳守にて親切丁寧に対応します。

トップ > 浮気の見破り方と自分でできる証拠収集

浮気の見破り方と自分でできる証拠収集

 

浮気の見破り方の基本

浮気をしていれば、いくら気をつけていても、日常生活の中から疑わしい事実が見えてきます。ポイントを押さえチェックすることで比較的容易に発見できることもあります。

浮気発覚原因のワースト1位は携帯電話です。

その他にもパートナーのマイカーや持ち物等様々なものから浮気が発覚しています。

 

浮気の痕跡を発見するうえで重要なのは、

①こっそり ②じっくり観察する ③ある程度の期間観察することです。

浮気夫(妻)が警戒していなければ意外と簡単に尻尾を出すことが多い様です。

また、それらを④記録に残しておく(写真やメモなど)くことも重要です。

 

それらが、重要な証拠になることや、矛盾や一定の法則に気付く事も少なくありません。

そして、浮気を確信しても絶対に自分で問い詰めたりしないで下さい。

何故なら、浮気夫(妻)は絶対に白状しないからです。

浮気を確信したり状況証拠が揃ったら、まずはこっそりと専門家に相談することをお勧めします。

 

ページのトップへ戻る

 

浮気の痕跡はこんなところに現れる

ここでは、実際の相談者様や依頼者様が、実際に浮気を確信(発見)したり怪しいと思い始めたきっかけになった事などをご紹介致します。

チェックするうえで絶対守らなければいけない注意点があります。

それは、こっそりと、相手に気付かれたり、怪しまれたりしない範囲でやることです。

理由は、警戒してしまうと、こちらが十分な痕跡(証拠)をつかむ前に浮気の痕跡が残らないように対策をされてしまうからです。

ここで紹介する内容はあなたが、浮気を確信するに足りる十分な材料だと思います。

しかし、あなたが浮気を確信できる材料と、裁判上での不貞行為の証拠とは違い、それだ証拠になることは少ないと思います。

ですから相手にバレたり警戒されたりするリスクを侵してまでやる必要はありません。

 

携帯電話から発覚&確信した例

 

  • 携帯電話をロックする様になった。
  • メール受信BOXや送信BOXの中身が削除される様になった。
  • メール受信BOXや送信BOXにないものがメールの送受信履歴に残っていた。
  • メールチェックの回数や携帯電話をいじることがやたら多くなった。
  • 電話をしても出ないことがよくある様になった。
  • 着信・発信の履歴が消されていた。
  • 最近、着信をマナーモード(バイブ)やサイレントするようになった。
  • 携帯を見せてくれなくなった。
  • メールのやりとりがあからさまに浮気をしている内容だった。
  • 携帯の電池のふたの裏側に浮気相手と写ったプリクラが貼ってあった。

 

持ち物等から発覚&確信した例

 

  • 夫のカバンからコンドームが出て来た。
  • 財布の中からラブホのレシートが出て来た。
  • 夫のカバンから(浮気の為に借りた)アパートの契約書が出て来た。
  • 1人で海外出張のはずが、カバンの中にはチケットが2枚あった。
  • 財布にプリクラが入っていた。
  • 財布の中に映画のレシートが2枚はいっていた。
  • 財布の中に残業でで遅くなったはずの日の日付のカラオケのレシートが入っていた。
  • 夫の部屋のゴミ箱からビリビリに破いたラブホテルのレシートが出て来た。
  • 夫の机の引き出しにピルの使用法のメモが入っていた。
  • 見慣れないカギを持っていた。

 

マイカー(車両)の痕跡から発覚&確信した例

 

  • カーナビに不自然な目的地履歴や軌跡が残っていた。
  • 座席の下にラブホのスタンプカードが落ちていた。
  • センターコンソールボックスにラブホの会員が入っていた。
  • 出張先だと告げた場所と違う場所の高速道路の領収書が出て来た。
  • 今まで聴いた事のないジャンルの見たこともないCDがたくさんあった。
  • 灰皿に口紅のついたタバコの吸殻が入っていた。
  • 急に洗車をしたり車内を掃除する様になり、芳香剤まで置くようになった。
  • 雨が降っていないのに、タイヤが汚れていた。
  • 車内に、自分の物ではない長い髪の毛などが落ちていた。
  • ガソリンの減りが明らかに早くなった。

 

パソコンから発覚&確信した例

 

  • SNSサイトに夫のユーザー名を発見し、妻が割切り交際を求める女性になりすましアプローチ見事にひっかっかった。
  • シティホテル予約確認のメールが届いてた。
  • パソコンに触らせたがらない様になった。
  • 夫婦で共有していたのに、自分専用のパソコンを持つようになった。
  • 2ユーザーの設定をするようになった。
  • 「履歴」や「最近使ったファイル」などをこまめに消去するようになった。
  • パスワードを頻繁に変えた。
  • オフ会と言って出かけるようになった。
  • パソコンに異性と2人で写っている写真が保存してありました。

 

身なり・行動など

 

  • 普段は洗濯をしない夫が朝帰りの時に洗濯をしいた。
  • キスを拒まれた。
  • 急に背を向けて寝るようになった。
  • 急に下着に気をつかいはじめた。
  • 急に香水をつけはじめた。
  • 急に身なりや髪型を気にするようになった。
  • 急に体を鍛えだした。
  • 金遣いが荒くなった。
  • 手帳に浮気相手とのスケジュールが書いてあった。
  • 聞いてもいないことを自分から積極的に話すようになった。
  • 1人で外出する時間が多くなった。
  • 自宅で食事する回数が減った。
  • 休日出勤や残業が急に増えた、帰宅時間が遅くなった。
  • 帰宅すると真っ先に風呂に入るようになった。
  • 夫婦関係を拒否するようになった。
  • 家を出て行った。(実家やアパート住まい)

 

ページのトップへ戻る

 

携帯電話のロック解除法

ご存じだとは思いますが、携帯電話にはロック機能が備わっており、多くの機種は4ケタの暗証番号で解除するようになっています。
4ケタの暗証番号には0000から9999までの1万通りの組み合わせがあるので、知らない暗証番号を解除するのは容易なことではでありません。
ところが、意外な事に暗証番号を初期設定のままにしている人も多い様です。そのほとんどが男性の方でしたが・・・。

 

初期設定は各キャリアによって違います。当然ご存じの方も少なくないとは思いますが、念の為、書いておきます。

 

  • docomoが「0000」
  • auが「1234」
  • softbankが「9999」

 

その他にも、持ち主の方の誕生日やその人が好きな数字、ゴロ合わせ等で解除が出来た場合もありましたので、思い当たる番号を試してみる価値はあるかもしれません。

解除方法を販売している業者さんもある様ですがオススメは致しません。

私の知っているケースでは実際に解除することができませんでした。また、こっそりやるには不適当な方法ばかりでした。

バレたり怪しまれたりしてはかえって状況が悪くなりますので、もしも、初期設定や思い当たる番号などで解除が出来なかった場合は携帯電話以外のところから浮気の痕跡を探した方が良いかもしれません。

 

ページのトップへ戻る

 

2番号機能を見破る方法

浮気が発覚原因のほとんどに携帯電話が関わっているという事は、もう皆様もご存知でしょう。

浮気相手と連絡をとるのに最も適した手段になってしまっている携帯電話、最近は多種多様な機能が備わってきていますが、その便利な機能が浮気相手との連絡手段として悪用されているのも事実です。

 

1台の携帯電話に「電話番号」と「メールアドレス」をそれぞれ2ずつ載せられるという機能(一部機種除く)です。
ここではdocomo社の場合の「2in1」というオプション機能で説明を進めていきます。
(softbank社の携帯電話にも一部機種に類似の機能有り、auは現在のところ無し)

私もプライベートの番号と仕事(事務所の電話の転送専用)の番号の2つの番号を利用し、それぞれで着信音を変えて利用し、大変重宝しています。

 

docomo社さんのサイトでは

1台のケータイにもうひとつの電話番号とメールアドレスをプラスすることができます
モードにより、電話番号・メールアドレスを家族・友人・仕事など相手や利用シーンに応じて切り替えて使えるケータイの新しいスタイルを提案します。

 

~以下省略~

この様に案内されていました。

まずは、その「2in1」機能について簡単に解説しておきます。

 

  1. 2in1機能を利用すると、契約番号(Aナンバー)以外に、もう1つ別の番号(Bナンバー)を取得する事ができます。
    ※メールアドレスも同じようにもう1つ取得する事が出来、AアドレスとBアドレスといいます。
  2. 2in1機能を利用すると、電話の発着信やメールの送受信を「AナンバーとAアドレスのみ(以下Aモード)」「BナンバーとBアドレスのみ(以下Bモード)」「AB両方のナンバーとアドレス(以下デュアルモード)」と切り替える機能があります。

    「NWサービス設定→端末暗証番号→2in1設定→2in1モード切替」の手順で以下の様に設定をすることが出来ます。

    デュアルモード:AB両方の電話番号での発着信、及びAB両方のアドレスでの送受信が行えるモードです。

    Aモード:Aナンバーのみの発着信及びAアドレスの送受信のみが可能なモード。

    Bモード:Bナンバーのみの発着信、Bアドレスでの送受信のみが可能なモード。

    つまりAモード時はBナンバーへ掛けても着信はせず、Bアドレスからのメールも受信しないということです。Bナンバーについてのみ携帯電話の電源をOFFにしているのと同じ状態なのです。

    また、Aモード時は発信者番号がAナンバーに、Bモード時は発信者番号がBナンバーに、デュアルモード時はA・Bどちらの番号で発信するかを選択出来ます。

  3. そしてこれらのモードは、電話帳機能、発着信履歴、メールBOXの機能にも連動しています。

    簡単な例をあげると

    Aモード時は、「Aモード」、もしくは「AB共通」で登録した電話帳以外は表示されませんので、Bモードで登録した電話帳は表示されないのです。
    発着信、メールの送受信、メールBOXも同じで、Aモード時は、Bナンバーからの着信履歴、メール、メールの履歴等が表示されません。

 

これらを踏まえると浮気夫や浮気妻の悪用方法を検証してみる事に致します。

 

  1. 2in1のオプション契約をして、Bナンバー、Bアドレスを取得しそれを浮気相手との専用連絡手段にする。
  2. 職場に行っている時など家族が一緒にいない時などはデュアルモードにしておいて、通常(Aナンバー・Aアドレス)の着信やメール受信、浮気相手からの連絡(Bナンバー・Bアドレス)も出来るようにしておく。
  3. 帰宅する前や休日家にいる時は、浮気相手からの連絡(Bナンバー・Bアドレス)が着信しない様に、またその履歴等の情報が表示されない様にAモードに切り替えてしておく。

    以上のような使用方法が考えられます。

    では、「2in1」を利用しているかどうかを見破る方法はないのでしょうか?

    2つの方法があるのですが、何れも暗証番号が必要になってしまいます。

 

1つ目の方法は、

4ケタのネットワーク暗証番号が分かる場合はiモードの「お客様サポート」から契約情報を確認することが出来ます。

 

2つ目の方法は、

「NWサービス設定→端末暗証番号→2in1設定→2in1モード切替」の端末操作を行うとNWサービス設定を選択した時点で、端末暗証番号を要求してきます。正しい暗証番号を入力すると、2in1を契約している場合はモードの切り替えができます。

2in1契約をしていないと、「2in1未契約のため設定できません」と表示されるそうです。
残念ながら暗証番号がわからない場合には今のところ2in1を見破る有効な手段は無い様です。

 

※ネットワーク暗証番号は3回間違えるとロックされてしまいますが、端末暗証番号は何度間違えても大丈夫です!

ただ、ネットワーク暗証番号もしくは端末暗証番号の何れかが初期設定になっていたり、誕生日等の分かり易い番号にしてあるケースも考えられますので試してみる価値はありそうです。

※暗証番号の解除方法はこちらを参照して下さい。

また、2in1に対する対策は、夫(妻)に「2in1に対応していない機種」を持たせるという方法が考えられます。

 

ページのトップへ戻る

 

予測変換から発見する方法

携帯電話のロックが解除できたとしても、又は携帯電話のロックがかかっていない場合でも肝心のやはりメールは削除してある場合が多いようです。

そして、ほとんどの方は削除されているということは「クロ」だと確信し、削除したメールの内容が知りたくてたまらなくなると思います。

そこで、送ったメールが削除されていても、送った文章が分かる方法をご紹介致します。

読者の皆様も、携帯電話の変換機能に予測変換という機能が、あるのはご存知だと思います。

メールの本文を入力する際に

「と」と打つと:ともちゃん 当日 到着 時・・・・といった具合に候補が表示され、それらの中から選択して入力する事により手間が省けるといった機能です。

また、直近に入力した言葉が先頭に表示されるという特徴があります。

上の例では「と」と入力した際に「ともちゃん」が直近に入力されたという事です。

そして「ともちゃん」を選択して入力すると、前回入力した際に「ともちゃん」の次に入れた文字が次回の候補として、先頭に表示されます。

では、この機能を使って浮気の痕跡を探るにはどうしたら良いかを具体例で検証してみます。

まずは、実際に携帯電話を使用し、この機能を使ってメールの文章を作成してみました。※対象者が浮気相手に対するメールを打ったのと同じ状態を作る為に。

ともちゃん昨日はすごく楽しかったよ

入力の仕方は

ともちゃん・昨日・は・すごく・楽しかった・よ といった具合に7回に分けていれました。

ここからが肝心の方法です。

 

実際に携帯電話を使って次の作業を行いました。

 

  1. 新規メール作成を行います。
  2. そこで「と」を入力すると「ともちゃん」が1番前に表示されます。

    ※実際は「あ」から順番に入れ、怪しい言葉があれば以下の様にします。

  3. 「ともちゃん」を選択して入力。
    すると勝手に次の候補が表示されます。

    「昨日」が1番前に表示されています。

  4. 「昨日」を選択して入力。

    するとまた勝手に次の候補が表示されます。

    「は」が1番前に表示されています。

  5. 「は」を選択して入力。

    この作業を続けるだけで!

 

「ともちゃん昨日はすごく楽しかったよ」

と前回入力した文章が勝手に出来上がってしまうのです。

 

ただ、あなたがパートナーの浮気を確信する要素としては十分なのかもしれませんが、これだけでは不貞行為の証拠にはなりませんので、慌てて問い詰めたりしない様にして下さい。

実際にこの方法で配偶者の浮気を確信し、私のところに相談に来られた方もいらっしゃいます。確信したらまずは専門家にご相談ください。

 

ページのトップへ戻る

 

カーナビから発見する方法

カーナビに残っている情報から浮気が発覚したケースがありますのでご紹介させて頂きます。

 

カーナビから得られる情報で浮気の発見に役に立つのは主に

  1. 目的地の履歴
  2. 軌跡の表示

の2つです。

 

まず真っ先に確認したいのは①目的地の履歴です。

何とラブホテルや浮気相手の自宅を目的地に設定していたという間抜けなケースもあります。

出張のはずが、カーナビの目的地が遊園地だったこともあります。

ただ、目的地は削除してあるケースが多いのも事実です。

そもそも削除してあるということはやましいことがあるのだと思いますが・・・。

 

そこで役に立つ機能が②軌跡の表示です。

カーナビに実際に通ったルートが点線などで表示されているのをご覧になったことはありませんか?それが軌跡です。

たいていの機種では軌跡の表示をON、OFFと切り替えることが出来ます。当然、浮気をする時に車を使っている人は日頃からOFFの設定にしています。

ところが、表示がOFFになっていても、通ったルートは内部には記録されているのです。

そしてONの表示に設定を変更すると今まで通ったルートが出てくるのです。しかも、目的地を設定せずに走ったルートまで記録されています。

軌跡の表示機能があったり、奇跡が記録されているということは意外と知らない人も多いので、比較的有効な手段といえます。

 

ただ、カーナビの情報単独では証拠にはなりません。ですからカーナビの痕跡だけで浮気夫(妻)を問い詰めたりするのはくれぐれもおやめ下さい。

※これらの方法はカーナビの機能に依存しますので出来ない機種もあります。

 

ページのトップへ戻る

お問い合わせはこちら

  • bnr04
  • bnr_ho-muzu
  • bnr_ameblo
  • sakura_bnr